トップ画像

組織・スタッフ紹介

共に学び共に成長する

福岡力は人と人が要です

福岡グループ
福岡の組織図

代表取締役社長 福岡 賢

もともとは、鍛冶屋から鉄を扱うようになり、今現在建築鉄骨に携わり3代目になります。高校卒業後に入社し、現場を10年以上経験した後、設計、営業、経理の仕事を経て、社長に就任しました。その後、バブル崩壊後に仕事がなくなり、以降3〜4年はやる事なす事全部駄目で、こんな事をしていても意味がない、辞めよう……そう感じた時もありました。しかし「鉄骨」と「胴縁」という福岡の2枚看板を活かし、得意分野を磨くしかない、という結論に達しました。建築全般の鉄骨を事業としていましたが、分野をニッチに絞り込み「鉄骨 胴縁製造」に一本化しました。その結果、独自性が強化され、スピード、価格、精度それぞれが磨かれ、福岡の強みが明確になりました。今では鉄骨業界で、胴縁といえば「福岡」までと言われるようになりました。今後は、さらに働きやすいように環境を整備し、女性も働ける職場環境を作り上げていくことを、常に目標として、共に成長しょうとの我が社の理念を目標に邁進していきたいと思います。そして福岡ブランドの「胴縁」を日本中に広げ、業界内に留まらず一般の方々にも「胴縁=福岡」という認識を広めていきたいと思っています。

弊社では、主なお客様は北陸・中部・関西地方です。ご要望があればどこでも営業にお伺いします。営業担当者は生産ラインを経験しています。ですから、製造経験の中で、いろんなご提案力で、お客様のご要望に対応しています。お気軽にお問合せください。

営業部 奥井麻希
平成26年4月の入社で今年で2年目です。最初は現場を経験し、その後営業になりました。県内の回っているのですが、質問されてすぐには答えられないことが多いにも関わらず、お客様からも上司からも優しく指導いただいております。早く、一人前になり、自分で全部段取りできるように、立派に営業をこなしたいと思い、日々努力をしています。

営業部 山崎善数
「君は営業向きの顔だ」と勧められ、今に至ります。
現在、入社11年目なのですが、最初は顧客を回っていました。現在は新規開拓営業を任されています。お客様の所にお伺いしても「あっ、あの福岡さんね」とおっしゃっていただけるのが嬉しいです。営業は、お客様からの反応を受ける入り口でもあるので、どうしてもご要望を叶えることができないのはやはり苦しいです。その反面「あの商品、良かったよ」とお誉めの言葉をいただくと、営業冥利に尽きます。
福岡は、「やらなきゃいけない」時に一丸となり、団結して最大限の能力を発揮する企業です。「共に学び共に成長する」という社訓の通り、皆でやり遂げようという意識で、胴縁といえば福岡だと思っていただけるような、福岡ブランドを確立していきたいです。

設計は多くの量をスピーディーにこなすことを求められる、福岡の仕事の要。
失敗すると、全体が動かなくなる事態もあり得ます。
だからこそ慎重に慎重を重ね、チェックシステムを設けています。

設計部 山下智規
入社から9年目です。設計志望で入社しましたが、最初は現場を経験させるという方針の下、製造に携わっていました。
勤務先も、今の工場から一旦本社に移り、またここに戻ってきています。1つの仕事ばかりしていても全体が見えないので、いろいろな経験を積めて良かったです。1年1年着実に進み、前の年の生産量を超える実績を上げ続けていきたいです。

設計は多くの量をスピーディーにこなすことを求められる、福岡の仕事の要。
失敗すると、全体が動かなくなる事態もあり得ます。
だからこそ慎重に慎重を重ね、チェックシステムを設けています。

胴縁設計の勉強会開催

 

お客様のご要望に少しでもお答え出来る様に設計の勉強会を開催しました。

 

まだまだ分からないところがありますが常にレベルアップをめざし頑張っています。

生産品質管理は社内での重要なポジション。生産計画を立て、所々でチェックしながら完成した製品を最終確認します。会社の全体的な流れや内容を把握しながら日々頑張っています。

「風通しの良い、開かれた事務所」を目指しています。仕事に対して真剣勝負なのは当たり前。その真剣な状況の中でも時々笑顔がこぼれる、明るい雰囲気づくりで、皆さんが働きやすい環境になるよう心がけています。